カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 企業理念と8原則--社長の条件(2) | トップページ | 「優しい」と「親切」の間--その他、シリーズ外の記事 »

「戦い」について--社長の条件(3)

2005/02/27
「戦い」について--社長の条件(3)

経営者の基礎的な資質については、前回のべた。資質を満たさない者が経営をしてもうまくは行かないが、基礎的な資質を持つ者でも経営の実務につく、とうまく行かないことがある。
今回は、経営の実務に関することのうち「戦い」について述べる。
9.キツネのように用心深く、獅子のように荒々しく
企業経営は、競争である。多くは、理念の優劣と利益の寡多を争う競争である。しかし、競争は、それにとどまるものではない。勝てば官軍、しかし、負ければ賊軍である。仕掛けてくるものは紳士ばかりではない。詐欺師もいれば、×××も居る。これらの人々は、ますます巧妙になり、NPOや労働団体を偽装してくることもある。同じ業界の一見紳士的に見えた企業が突然奇妙な攻撃を仕掛けてくることもある。のっとりや倒産を脱法または脱法すれすれの商売にしている者もいる。かれらに負ければ、その会社はつぶれてしまう。必ずしも勝つ必要はないが、負けてはならないのである。経験上、私の会社のような目立たない小さな会社でも仕掛けてくる者は、年に1人ではきかない。2-3あるのが普通である。彼らとたくみに戦って、負けないことも経営者に必要な条件である。
善良な経営は、自分から他社に対してあざとい攻撃を仕掛けてはならない。理念の優劣と利益の寡多を争う競争で勝てばよいのである。他社に対してあざとい攻撃を仕掛ければ、いつか他社や他社に勤めていた人々からうらまれる。余計な敵が生まれると経営環境は劣化する。余計な敵を作ってはいけないのである。
あくどい詐欺や攻撃を受けたら専守防衛が基本である。大人の戦いは、2者で決着するものではない。2者を取り巻く野次馬が決めるのである。「専守防衛」は、誰があざとい攻撃をしているかを世間に広く知らせる最も良い手段である。大人の喧嘩では世間を味方にした者が勝つのである。「専守防衛」の極意は、「キツネのように用心深く、獅子のように荒々しく」である。怪しい動きは見る前に感じるように感覚を研ぎ澄ましておくこと、敵を発見したら直ちには争わず十分ひきつけて、証拠を収集し、その事実を世間にひそかに広く知らしめておくことである。こちらが反撃しなければ、敵は図に乗ってどんどんせめて来るだろう。それはまさしく願ってもないことである。敵が言い分けも逃亡もできないように自分たちの領域に迷い込んでくれればしめたものである。(エリ首をつかんで)押さえ付けてから、一気に反撃するのがただしい戦い方である。他人の領土に迷い込んで戦うのは、古来不利と分かっているのである。自陣に誘って戦うのは戦上手である。イラクのアメリカ軍の苦戦がその良い例である。カウンターパンチほど威力のあるパンチはない。
すなわち、むやみに戦わず、十分にひきつけてからカウンターパンチを浴びせるのが効果的である。身近な例では、日本語プログラミングコンテストで「名誉毀損攻撃」を繰り返した連中に対する反撃であろう。私は、彼らの攻撃に長くじっと耐えた。彼らは図に乗ってたくさんの証拠を残した。これらを元に各自の周囲を十分に調査することができた。最後の最後に「名誉毀損」で、警察と検察に動いてもらった。彼らは身辺に涼しい風を感じて肝を冷やしたことであろう。以降の攻撃は止んだのである。表彰式の会場に彼らが予告どおり押しかけてきても、暴力に対する万全の備えを敷いていた。専守防衛は「暴力的威力業務妨害」に対しても堂々として実行しなければならない。万全の備えは強い抑止力となった。彼らはついに予告した暴力を実行できないまま、表彰式の日を悶々としてすごしたのである。
直接勝つ必要はないが、負けないことが経営者には求められるのである。
「キツネのように用心深く、獅子のように荒々しく」、変幻自在に戦うことのできる能力が社長の一つの条件である。
条件を満たす者が多ければ、よりよく「キツネのように用心深く、獅子のように荒々しく」できる者が社長に選ばれる可能性が高い。

続く。(情報収集能力、先見性、決断力、深謀遠慮など)
補足: 実際のところ、これらの条件のすべてを満たす人はいないだろう。しかし、これらの条件の少しでも多くを満たす人が後継者となることは疑いがない。

△次の記事: 社長の条件(4)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2005/03/354_39eb.html
▽前の記事: 社長の条件(2)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2005/02/82_313d.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  社長の条件シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 企業理念と8原則--社長の条件(2) | トップページ | 「優しい」と「親切」の間--その他、シリーズ外の記事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/8158790

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦い」について--社長の条件(3) :

« 企業理念と8原則--社長の条件(2) | トップページ | 「優しい」と「親切」の間--その他、シリーズ外の記事 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ