カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 7つのナヒゲーション--情報デザイン研究ノート(11) | トップページ | 人類社会は次の激動再編へ--情報社会学、予見と戦略(2) »

「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略(1)

2006/7/15
「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略(1)

これまでも、情報組織学に関しては研究発表もしてきたし、このブログにも記事をいくつか書いてきた。
「戦略的情報組織学」,SH情報文化研究会,2005.4.23
組織を活かす力、改革する力--社長の条件(6)
戦略的情報組織学(再論)--社長の条件(8)
話力は組織を作る、永崎一則氏の発言から--社長の条件(13)
組織破断限界シミュレーションの試み--感性的研究生活(5)
「組織破断限界シミュレーションの試み」,SH情報文化研究会,2005.12.10
「"一人にしない" 情報コミュニケーションシステム」へ、新春に思う--社長の条件(18)
情報コミュニケーションの社会性="影響関係"--感性的研究生活(11)
「組織と情報コミュニケーションにおける影響関係モデルの提案」,情報コミュニケーション学会,2006.2.26

これらの記事を書きながら、私は、一方で、いまひとつもどかしいものを感じていた。
情報"社会"学に向かう私の心に手かせ足かせがついているということだった。私の長い長い精神(こころ)の漂流は、愚かしいことと思われるかも知れないが、私なりの精一杯の生き様だった。社会人となって以来、私は長く、「社会」や「政治」という世界や言葉に嫌悪し、恐れ、遠ざかってきた。固く封印してきたと言ってもいい。同級生(故人、保守系無所属)の選挙を手伝ったり、議会での演説草稿を書いてあげたりということはあったが、友達づきあいの範囲と割り切ってきた。彼は例外と言っても良かったが、少なくとも彼以外の「政治」は、テレビとは違って今でもあまりにも暴力的で汚れている。今の私の手には負えない。手を出せばわが身だけではなく家族の身の安全も守れないだろうと思う。今後も決して本気ではこの世界にかかわることはないだろう。それを臆病というならばいいたまえ。
かかわりなくとも、危険は身近にあるのである。
「妻が車に撥ねられる」シリーズのトップページ
しかし、今の社会がどこから来てどこに向かうのか、人はどこから来てどこまで行くのか、というのは(ほかの多くの子供たちと同様に)子供のころから私の心を捉えて離さないテーマだった。なぜ自分が大学で理工系を専攻し、今もエンジニアを生業としているのか不思議なくらいである。今の心の動きは、あまりにも子供じみた感傷かも知れないとも思う。しかし、もうとまらない。私はビジネスと教育の分野で情報システムに半生をかけた実績の上に、情報社会学の世界にもささやかに発言を試みたいと思うのである。ここでも先人の皆様のお叱りをたくさん承ることになるだろうと覚悟をしている。
なにとぞ、暖かくご善導賜れば幸甚です。
「情報組織学」から「情報社会学」へ。
今、私は、「情報社会学、予見と戦略」シリーズを書き始める。

△次の記事: 情報社会学、予見と戦略(2)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2006/07/2_8d37.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  情報社会学、予見と戦略シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 7つのナヒゲーション--情報デザイン研究ノート(11) | トップページ | 人類社会は次の激動再編へ--情報社会学、予見と戦略(2) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/10947833

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略(1) :

» 情報システムとは何か―講義前の考え [閃光]
以下の文章は、『「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略』シリーズの要約です。 [続きを読む]

» 情報システムとは何か―講義前の考え [Information Design/System]
「情報社会学、予見と戦略」シリーズを読んで・・・ [続きを読む]

» 情報システムとは何か講義前の考え [N's blog - Info Sys&Des.]
「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略(1) を読んで 要約 1980年ころから始まる高度情報化社会は「参加型市民社会」だった。それは稀に見る速度で、まるで「マズローの欲求5段階発展説」と合致するかのような発展を遂げた。高度情報化によって、単位組織の成立を制約していた同位置性は意味を失いつつあり、今後30年でさらに「人類社会」「地球社会」の段階へ移行していくだろう。 社会の情報システムの動向を観察すると地球社会へ移行していく萌芽が垣間見える。mixiに見る本格的...... [続きを読む]

» 情報システムとは何か--講義前の考え [N's blog - Info Sys&Des.]
「情報組織学」から「情報社会学」へ--情報社会学、予見と戦略(1) を読んで 要約 1980年ころから始まる高度情報化社会は「参加型市民社会」だった。それは稀に見る速度で、まるで「マズローの欲求5段階発展説」と合致するかのような発展を遂げた。高度情報化によって、単位組織の成立を制約していた同位置性は意味を失いつつあり、今後30年でさらに「人類社会」「地球社会」の段階へ移行していくだろう。 社会の情報システムの動向を観察すると地球社会へ移行していく萌芽が垣間見える。mixiに見る本格的...... [続きを読む]

» システム第1講 [授業用のブログ]
【要約】 1980年頃から始まる高度情報化社会は「参加型市民社会」の時代である。 それ以前の社会は、上からの命令に服従する軍隊のような「ホスト-端末」のシステムによって社会組織が組織されていた。 この時代のコンピュータはルールそのものであり、コンピュータのシステムにあわせて構成員は労働していた。 しかし、1980年ごろに転機が訪れる。マイコンブームである。 マイコンブームが起こった背景として、社会が理不尽なコンピュータを嫌ったこと、企業は社員の創意工夫を結集能力を持たないと競争に...... [続きを読む]

» 情報システムとは何か_講義前の考え [情報システム論]
要約  1980年以前は社会組織は主として軍隊を手本に組織されていたが、1980年頃からは参加型市民社会の時代になった。そして、今日の社会は、すべての単位組織は、メタ組織関係を通じて国民国家に統合されている。国民国家の単位組織が成立する1つの条件は同一の場所にいることである。しかし、これから先、単位組織の成立要件として同位置性という制約がなくなったら、地域やオフィスという制約を離れた企業やボランティア団体が飛躍的に増えるだろう。その結果2010年からの30年は、国民国家の力が弱くなり、...... [続きを読む]

» 情報システムとは何か―講義前の考え [システム・アンド・デザイン]
鐘の声ブログさんの「情報社会学、予見と戦略シリーズ」を読み、 情報システム論の講義前の考えをまとめたいと思います。 [続きを読む]

» 「本日の講義の要約」と「自分の感想」 [情報システム論]
○講義内容の要約 [続きを読む]

» is01 情報システムとは何か―講義前の考え [情報システム論 情報デザイン論]
◆要約 「ホスト-端末」といわれたシステムが幅を利かせていた時代、社会組織は主として軍隊を手本に組織されていた。 その後、1980年頃から始まる高度情報化社会は、「参加型市民社会」の時代であった。... [続きを読む]

« 7つのナヒゲーション--情報デザイン研究ノート(11) | トップページ | 人類社会は次の激動再編へ--情報社会学、予見と戦略(2) »