カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« わが街の農業の未来--街に活力を(8) | トップページ | ベトナムにゆく人、、山の上ホテルのレストランにて--交友の記録(13) »

友人とその息子、市議会議員--交友の記録(12)

2007/03/12
友人とその息子、三代つづく市議会議員--交友の記録(12)

前回の記事で、割愛した事情をここに書くことにする。
私は考えるところがあって、社会に入ってからというもの極力政治から距離を置いていた。しかし、51歳で大病し、幾度目かの死の覚悟が空振りに終わって自宅に戻るとその直後、私の中学の同級生から市議会選の応援を頼まれた。拾った命なのだから、人助けもよいかと深く考えることなく引き受けてしまった。この同級生の父親は地元では有名な保守系の大物である。この父親が選挙戦の直前に突然斃れてしまったのである。葬儀も終わったと風の便りに聞いた数日後、息子で私の同級生から35年ぶりに電話があった。「どうしよう、俺は出るつもりはなかったんだけれど、後援会が承知しないんだ」とのこと。「どうしようって?。私に電話してきたということは、覚悟はできたんだろう」と私。彼は家業である米の卸問屋の経営をやっていた。老獪にして中央の政官界にわたる人脈を駆使する多忙な地元の政治的リーダになった父にかわって年商数百億の米問屋を切り盛りした。彼は商売が好きだった。政治とは無縁の根っからの商売人という風だった。彼の父親は子供をかまう余裕もないほど忙しすぎた。彼はただ子供として、父親の愛がほしくて、稼いだお金をせっせとその父親に貢いでいるだけのように私は見ていた。本人は明らかに政治に素人だった。いろいろなやり取りがあったが、結局、私は、彼の政策立案の相談役の一人になった。保守系だが父親と違って無所属で出馬するということだった。それならなおよいと私はまたもや深く考えもせずに答えた。1期目はいわゆる父親の弔い合戦で、有利な選挙戦だった。45人の定員の上位から5位。初の議会質問では、私の下書きに沿って演説し、「倒産やリストラによって市内には失業者や職に不安を抱える人々があふれている。市内の雇用を増大させなければならない」と彼が声を張り上げると、議場全体から大きな拍手が起こった。拍手の大きさは、誰の演説よりも大きかったと思う。どちらかといえば野党席からの拍手のほうが大きかったかもしれない。その1期目の終わりに本人は体調を崩してしまったが、2期目も病院から立候補した。宣伝カーには主として奥さんと子供たちが乗った。苦戦の末、それでも20位台で当選した。彼はガンだった。私には後継者の氏名を伝える間もなく、彼は亡くなってしまった。ほんとうに残念だった。松戸の活性化=「仕事おこし」は、彼と一緒にやりたかった。彼は混濁した意識の中で、私にいろいろなことを言った。意味の理解できたことと、どうしても理解できなかったことがある。私がはっきりと理解したことは、「万一のときは、残った家族、とりわけ子供たちをよろしく」ということだった。彼の子供は息子一人と娘が2人である。
彼は、亡くなる直前、自分の長男を病床に呼び、病院から逃げ出したくて、自分を自宅に連れて行けと甘えて訴えた。息子は、父親が息子である自分を頼りにしていることを、このときはじめて悟ったのである。そして、逡巡し言いよどんでいた彼の結論を父親に伝えた。「僕が、立候補する」。・・・、2006年11月、その息子が最初の選挙選を戦うことになった。私も、同級生であり亡くなったその父親の遺言を守るために、またもや彼を支援することになった。
前回の記事で、「突然問われて私がある候補者のために(30分で) 作成した松戸市の農業政策」と書いたが、私に質問したのは、この候補者(亡くなった同級生の若い息子)ということである。
私は、今でも、自分は政治の世界からはできるだけ遠くにいたい、と願っている。心の底から、・・・。
ただ、頼まれるかぎりでは、黒子で良いならば、地域の人々の公平・公正・安全・繁栄のためになる政策の立案のためであれば、その他の・・・ならば、何重にも「ならば」の条件付で、もとより限りある命の限り、ささやかな知識と経験、決断の時期についての相談ならば、どなたにでもお応えしてゆくつもりである。

△次の記事: 交友の記録(13)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2007/03/12_3876.html
▽前の記事: 交友の記録(11)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2006/11/post_c25b.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  交友の記録シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« わが街の農業の未来--街に活力を(8) | トップページ | ベトナムにゆく人、、山の上ホテルのレストランにて--交友の記録(13) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/14201004

この記事へのトラックバック一覧です: 友人とその息子、市議会議員--交友の記録(12):

« わが街の農業の未来--街に活力を(8) | トップページ | ベトナムにゆく人、、山の上ホテルのレストランにて--交友の記録(13) »