カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 北海道の海--人生に詩歌あり(14) | トップページ | 北海道、べてるの人々への訪問--その他、シリーズ外の記事 »

べてるの家の人々--人生に詩歌あり(15)

2009/08/18
べてるの家の人々--人生に詩歌あり(15)

8月18日(火)、昨日からの浦河での見聞は、間違いなくわたくしの心を揺さぶっていた。

北海道の海--人生に詩歌あり(14)
べてるの家の人々--人生に詩歌あり(15)
北海道、べてるの人々への訪問--その他、シリーズ外の記事

ベテルとは旧約聖書創世記28章10節~19節に出てくる「神の家(ユダヤ語でベテル)」のことである。
また、ドイツにあるベーテルという町の名前でもある。ドイツのベーテルは、ナチスが障がい者を虐殺しようとした時、障がいを持たない人々が「それならば私たちも連れて行ってくれ」と主張した町だという。
この2つの逸話から、「べてるの家」という名前は付けられたという。
わたくしは、厚労省から委託を受けた障害者自立支援のための研究委員会の一員として、8月17日と18日、北海道の浦河町に「べてるの家」を訪問した。精神に障害を持つ人々が豊かに暮らす土地である。

べてるの家の人々
夏というものの、寒々として日高の地の浦河の町には、海辺の冷たい湿った風がゆっくりと吹き抜けてゆく。
真新しい立派な建物にも人影はない。町は死んだように静かである。
特筆すべきは、べてるの人たちだけが華やいで、傑出した知恵を輝かせていることである。
手を動かすよりも口を動かせ、と作業場の人々は言う。
三度のメシよりミーティングとここの人たちは言う。
欠けた所のない鏡なんて世の中にはない。曲がったところのない鏡もない。
少し欠けた所が多かったり、他人より湾曲が少しばかり大きい心の鏡を持った人たちがここには集まっている。
人々が仲間と語り合うことは、正しく映る鏡の別の部分を仲間に借りることになるのである。
照らし合わせて、自分の鏡に映る心の像を訂正する。ついでに心の鏡のゆがみも少しずつ正してゆくのである。
口を動かして、日々、時々刻々、自分の鏡に映る心の像を訂正し続ければ、いずれは、自分の心の鏡は正しくその像を映し出すようになるのである。
当事者研究!!! 驚くようなことが始まる。当事者が心の鏡のゆがみに気がついた経緯や起こった出来事を語る。
自分の何が、いつ、どんな状況の時に、どんなきっかけや背景で、どのように起こったかを一つ一つ語るのである。
語っているのは自分一人ではない。自問自答しているかのように周囲の仲間が「それで、その直前に、何があったんだ? いつも何か同じことがあったんじゃないのか?」とはやし立てる。
誰だってヒトは一人じゃ考えられない。一人の脳みそで不十分なら、みんなの脳みその力を合わせてしまえ、というとてつもない、楽しいゲームのようでもある。
仲間は多いほうがいい。
たくさんの鏡が合わされば、おおむね正しい像は映し出されてくる。
角度を変え、観点を変えて、映し出される正しい心の像を見直すのである。
自分の鏡だけが頼りなら、そんなことは出来やしない。
たくさんの鏡があるから、たくさんの鏡に映る像を見るから、何が正しいか、わかってくる。笑みが生まれる。
他人の脳をまきこんだ社会的脳がここにもあった。
ヒトは自然に「一人じゃない」いきものなのだ。

8月17日-18日、厚労省から委託を受けた障害者自立支援のための研究委員会(本年度のテーマ名は「ソーシャルインクルージョン」)の本年度第三回研究会は、北海道 日高支 浦河で行われることになった。合わせて、委員会は「べてるの家」を訪問した。
北海道、べてるの人々への訪問--その他、シリーズ外の記事


琵琶

△次の記事: 人生に詩歌あり(16)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/05/--16-7758.html
▽前の記事: 人生に詩歌あり(14)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2009/08/post-5227-1.html


(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  人生に詩歌ありシリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 北海道の海--人生に詩歌あり(14) | トップページ | 北海道、べてるの人々への訪問--その他、シリーズ外の記事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/45971861

この記事へのトラックバック一覧です: べてるの家の人々--人生に詩歌あり(15):

« 北海道の海--人生に詩歌あり(14) | トップページ | 北海道、べてるの人々への訪問--その他、シリーズ外の記事 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ