カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 学生バイトさんたちの追いコン--交友の記録(62) | トップページ | わが庭のさくら--その他、シリーズ外の記事 »

柴谷篤弘先生(享年90歳)、逝く--交友の記録(63)

2011/3/27

柴谷篤弘先生(享年90歳)、逝く--交友の記録(63)

柴谷篤弘先生(享年90歳)、が亡くなった。私は絶句した。先生は、なんだが、ずうっと死なないような気がしていた。

-----------------------------------------------
<訃報>柴谷篤弘さん90歳=元京都精華大学長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000081-mai-peo
毎日新聞 3月26日(土)19時19分配信
------------------------
柴谷篤弘さん90歳(しばたに・あつひろ<本名・横田篤弘=よこた・あつひろ>元京都精華大学長、生物学専攻)25日、肺炎のため死去。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻眞佐子(まさこ)さん。
「反科学論」「科学批判から差別批判へ」などの著書で、科学者からみた科学批判を展開した。 .
-----------------------------------------------

柴谷篤弘先生は、私の会社から、「私にとって科学批判とは何か」という本を出版している。
先生とは、1982年か83年、オフィスとは名ばかりの戦前から残った根津の民家の2階を改造した当時の私の会社の部屋でお目にかかった。立ち上げたばかりのガレージ産業にふさわしく、傾いた建物で、一階には焼鳥屋さんが入っていた。夕刻になれば焼き鳥のおいしそうな匂いが部屋に充満する。世界に名だたる柴谷先生が本当に来社してくださっただけでも驚きだったが、私の話しに耳を傾け、ついには名もない会社からの出版も引き受けてくださったのである。
柴谷先生と言えば、1973年に出版された「反科学論」が有名である。のちに、構造主義生物学を提唱され、差別批判へと進んだことはよく知られている。
私は、1981年に自分の会社を立ち上げたが、1973年に出版された「反科学論」の後、科学の世界に身を置きながら科学を批判する先生の姿勢に、強い関心を抱いていた。また、有名になった「反科学論」という本のタイトルのために「科学を唾棄する者」という誤解が広まっていることに対しても大きな懸念を抱いていた。柴谷先生は科学嫌いではない、科学に内在して活動するからこそ、科学の持つ腐臭を放つ部分に鋭いメスを入れ、批判することが出来たのである。世間の誤解をいち早く解かなければ、柴谷先生だけではなく、日本の科学と科学によって導かれるべき民衆の不幸は続くと私は強く感じていた。
私は、谷中の豆腐屋「笹の雪」に先生をお誘いした。庶民的なお店である。私は、先生に熱っぽく自分の思いを語った。先生は、「ちょうどよい、雑誌で連載した記事があるので、まとめて1冊の本にしよう」とおっしゃってくださった。私の言説を聞いて、「ならば、その点に答える内容を書きたそう。そうすればオリジナルな本として意義が出てくる」とおっしゃったのである。私は、本当にうれしかった。私の気持ちが通じた。それだけではない。「反科学論」の後、当時は誤解の軋轢から埋もれがちだった柴谷先生に、この本で、もう一度光を取り戻すことが出来るに違いないという思いで、飛び上がらんばかりの思いだった。
1984年、柴谷先生の本は、私の会社からついに出版された。

その後、「アインシュタインの秘密」で有名になった我が畏友 唐木田健一氏 との面談を私のお世話で実現したりもした。
のちには、当社のシリーズ(「知性の華叢書」シリーズ)にも第2回配本分として収録された。

柴谷篤弘著、「私にとって科学批判とは何か」、 四六判 354ページ 定価3,873円(本体価格3,689円) ISBN4-915572-45-5 C0040

オーストラリアの研究所から、京都精華大学の学長として急きょ帰国した際には、電話で「金輪際、学問の世界で出世なんかしたくないと思っていたんだが、遣り手がなくてはやむをえない。思想と哲学はしばらくお休みする」と大学経営に注力する決意を述べていたりもした。しかし、その後も旺盛な思索はやむことなく、たくさんの著作を残したことは多くの人がご存知通りである。
私ごとき、市井の民とも心を開いてお付き合いいただいたことに深く感謝し、長い長い思索の闘いを一時休止してしばらくは、天国でゆっくりとお休みください。私も、いずれ、お近くにまた参ります。

次の記事: 交友の記録(64)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2016/10/--64-04fa.html
▽前の記事: 交友の記録(62)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/03/--62-7c60.html

琵琶


(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  交友の記録シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 学生バイトさんたちの追いコン--交友の記録(62) | トップページ | わが庭のさくら--その他、シリーズ外の記事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/51223340

この記事へのトラックバック一覧です: 柴谷篤弘先生(享年90歳)、逝く--交友の記録(63):

« 学生バイトさんたちの追いコン--交友の記録(62) | トップページ | わが庭のさくら--その他、シリーズ外の記事 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ