カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« つゆくさも、あじさいも競う・・・6月の庭の花--人生に詩歌あり(19) | トップページ | シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) »

実る夢こそ​ 思い秘めなむ・・7月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(20)

2011/07/26
実るを夢見て​ 思い秘めなむ・・・7月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(20)

7月10日(私の誕生日)
センリョウも ムラサキシキブも 花静か 実る夢こそ​ 思い秘めなむ
別歌 センリョウも ムラサキシキブも 花静か 実るときこそ​ 夢開かれん

Facebookでは下記のようにしたが、ここでは、下の句を少し変えた。
「センリョウも ムラサキシキブも 花静か 実るときこそ​ 思い秘めなむ」

亡母が大切にした、よほど注意しな​いと気が付かない程度の木の目立たない花の数々を取り上げました。他​にもありますが、花が終わってしまっていました。

千両(センリョウ)の花
19

紫式部(ムラサキシキブ)の花
16

万両(マンリョウ)の花
18

馬酔木(アセビ、アシビ)の新芽(?)
20

これらの花の名前は、新倉壮朗さんのママから教えてもらいました。ありがとうござい​ます。


7月2日
五色玉の実
1_2

花が実になり、実は熟してゆきます。五色玉はもう熟した赤い実を​付けました。熟した実がすでに落ちたものもあります。観にくいで​すが、まだ熟さない青い実もたくさんあります。しかも、花も続々​と咲いています。7月の庭の花と実。


7月3日
折りヅル蘭の花
4

昨日の明け方撮影したもの。亡くなった父母の隠​居所の鉢植えの一つ。花茎が伸びて、清楚な小さな花が咲く。その​先端には新しい別の株になる小さな葉の茂みが見える。


7月3日
プールーべりーの実
2

プールーべりーの実がなんと20個以上。5月20日の写真(http://on.fb.me/kNmY5j)ではまだ花が付き始めたばかりでした。いつの間にか、こんなに​なったのです。可愛い実です。しかし、まだ、ジャムには無理だな​。


7月4日
柚子の実
3

まだ青いです。3ミリから5ミリくら​いしかありません。5月20日には、花でした(http://on.fb.me/layfv9)。花は2000~2500くらい咲きました。余計な実はこの時​期に落下します。木の下には1ミリ~4ミリくらいの実が 500~800くらい落ちています。これからも落ちるでしょうが​、今年、最後に残る実は1500個くらいでしょう。少ない年には​500個くらい、一番多い年は3000個くらい実ります。今年は​中庸な年と言うことでしょう。
千成り」(一才ゆず)ですから、1本で1000個くらい​成ります。実は小さくてタネの比率が高く加工しにくい品​種ですが、古来種に比べて渋みがなく、おいしいです。日​本初のゆずジャムは、この木から作られました。1991​年ころのことです。初期のころはNEC関係者の方々にも​せっせとジャムを作って配りましたね。地域振興関係の全​国的集まり(新・浪漫亭)の時に、シェフにお願いして、​デザートのアイスに添えてもらいました。ここに来ていた​馬路村の農協関係者が柚子で地元おこしを計画し、今では​年商200億円くらいのはずです。日本の柚子製品の大半​をOEM生産しています。
Y氏 なんですか、それ?!琵琶さんちの柚子の木の話?
私 今は、高知県はゆずだらけ県になっています。元祖のゆず​ジャムは、我が家のゆずの木の実からだったというお話で​す。それ以前は、ゆずといえば和風の食材のイメージでし​たから、洋風のジャムを作ろうという人はいなかったので​す。創案したのも、はやらせたのも私だと自慢しているん​です。言わせたいんでしょうね。言いますとも。
Y氏 それでなんで柚子ジャム会社を作ってにしゃちょなってが​ばちょともうけなかったのです?
私 いつか、ビールくらいはおごってくれるんじゃないかと期​待しています。(^^:


7月5日
ギボウシ-その2-
52

薄紫の花が怪しげに美しい。名前がわからない。6月12日にアッ​プした花の近くに生えているよく似た植物で花も似ていると言えば​似ている。ただし、葉の大きさが、6月12日のものの7分の一く​らいしかない。http://on.fb.me/kuYMMt 同一系統の別種なのかもしれない。別種らしきものは3種類ある。​そのうちの2つの写真です。どなたか正体が分かる人がいましたら​教えてください。
Y氏 ユリ科の予想的中ですね。オオバギボウシ?は、ウルイ?​酒のつまみに最高です。
私 なるほど、そうだったんですね。ウルイとは思いませんで​した。亡くなった母がその正体を私に伝えなかったのは、​食いしんぼの私が食べてしまうのを恐れたからかもですね​。亡母は花を愛した人でした。食べられてしまったら大変​だと考えてもおかしくはありません。信用されてなかった​かな??? ギボウシ属には20種類くらいのものがあり​、その中間雑種もあるそうなので、どれに該当するかはわ​かりません。私の家の庭には、少なくともこれらのうちの​3種類があるということです。食べるには、少し量が足りませんがね。
Y氏 食べちゃいましょうよ。母君を偲んで。
私 ははは。花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」。あ​わてないでください。
おがくずか、もみ殻で根元を埋めて、茎を長く育てないと​食べられません。やっぱり八百屋で買ってくるのが一番よ​さそうです。ウルイっ、食べたくなったなぁ。


7月6日
ジャガイモの花
6

ジャガイモの花。庭に雑草として勝手に生えていました。どうして​こんなところに、、、と不思議です。
人が入れない、植え込みの隙間に他の雑草と一​緒にのうのうと生えいました。


7月8日
つゆ草の花-その2-
7

つゆ草がさらに花を付けています。以前掲載した6月26日の写真(http://on.fb.me/oWipRi)の時は初咲き直径2ミリくらいのものでしたが、今は5ミリくら​いのものが咲いています。
暗幕がなかったので、私がそのとき​着ていた背広を花の後ろに下げてパチリ。
Y氏 さすが、演出家ですねぇ。そんな気遣いをとうの本人、も​とい、本花はツユしらず。
私 プロだったころは、取材でカメラが予想されるときは、暗​幕も持参したものです。今はお気楽超素人写真に甘んじて​いますので、「安直」をモットーにしています。
Y氏 げっ、琵琶さんはカメラもプロだった?
私 だって、10年間は、月刊誌の取材編集記者兼制作広告担​当でしたからね。一応、プロの取材カメラマンと競ってい​ました。手前みそですが、少なくとも日本の科学者の人物写真は、​どんな新聞社、出版社のプロカメラマンにも負けませんで​した。記憶によれば、あるとき、「日本の化学者100人」と言う日本化​学会編集の書籍の100人の写真(100枚)の内の68​枚までが私が撮影した写真でした。ご本人か、ご家族から​提供された写真ですが、私が撮って差し上げた写真が多か​ったというわけです。
G氏 ご家族が選ぶということは、最も身近なひとが、その人ら​しいと感じていることに他ありません。能ある鷹は爪かく​す。恐れ入りました。
私 今とは気合いが1万倍くらい違っていたような気がします​。今は脱力系です。
G氏 背広の生地目に工夫のあとが、なるほど。
私 いやいや、汗)です。背広を使ったのは、他に何も持って​いなかったからです。生地目はないほうがよかったですが​ね。


7月8日
柿の実
8

我が家には2本の柿の木があります。父母が子供たちが住​む現在の土地に隠居所を建てて転居する際に、父母が長く住んでいた実​家を引き払いました。そのとき、実家にあった数本の柿の木のうちの2​本だけを我が家に移植しました。根付いて成長するまでには、枯れそう​になったり台風で大枝が折れたりと何度もアクシデントがありましたが​、なんとか生き延びています。今は花が終わって、青い実がひっそり​と葉蔭で成長している時期です。


7月8日
君子蘭の実
17

君子蘭は5月7日には見事な花(http://on.fb.me/iOvd53 )を付けていましたが、今(7月8日)では実になっています。


7月8日
松葉ボタン
10

父母の隠居所の鉢に植えられていました。以前(5月20日)、写真に納めた「松葉菊」(http://on.fb.me/oPvIkm)とは、葉が似ていますが、違う種類です。「松葉菊」は多年草で​すが、「松葉ボタン」は冬には枯れてしまう1年草です。


7月9日
ギボウシ-その3-
153

もういい加減にしろ、と言われそうですが、しつこく庭の花の写真​です。ギボウシ-その3-にも花が咲きました。その1( http://on.fb.me/kuYMMt )とその2( http://on.fb.me/q8ieCs )によく似ていますがも少し違いますね。ギボウシには20種類く​らいあり、大半は日本の在来種だそうです。その互いの雑種もある​そうです。我が家の3種がどれに当たるかは、さっぱりわかりませ​ん。お分かりの方は教えてください。ちなみに、これらがギボウシ​だと教えてくれたのは米島さんです。
花の手前の葉っぱに付いているのはアリです。花茎にテン​トウムシの幼虫が付いていましたので、手で払いのけまし​た。これを世話していたアリたちが唖然呆然としている様​子です。


7月12日
龍の髭(リュウノヒゲ、ジジヒゲ)の花
21

地元では、ジジヒゲという植物です。花壇の周囲を飾ったり、土抱えに利用します。こんもり茂った葉を掻き​分けたら、あったあった、紫色の小さな花です。ゆり科の植物。花は下向きに咲いています。

7月13日
百日紅(さるすべり)の花
22

百日紅(さるすべり)の花です。葉はぶれていないのに、花だけが​ぶれています。合成写真ではありません。花だけがなぜか風に震え​ていました。
Y氏 それは恥ずかしいからに決まってますよ。


7月16日
コスモス(狂い咲き)
23

なぜか、この時期にコスモスが狂い咲きしていました。お隣さんの​藤の花の房も見事に咲き誇っています。5月の下旬には散ったのに​、もう一度花芽が吹いて花の房に成長しました。季節を間違えたよ​うな狂い咲きです。
息子は、放射能が植物に危機感を与えているから狂い咲き​も起こるのだという仮説です。本当だろうか?
Y氏 私は植物ではありませんが狂い咲きして、るわけないしょ​っ(-。-;
私 みな同じなので、気がつかないけれど、日本人がみんなで​狂い咲きしていたりして、、、。おお、コワっ。
Y氏 私は正常に咲いています(^-^)/
私 正常だと言い張るところはかなり怪しい、、、。


7月17日
カサブランカ(つぼみ)
252

百合のようです。まだ咲いていません。間もなく咲きます。​ゆりは、庭の目立つ位置に数本植えてあり、年々大きくなっていま​したが、昨年、猛暑の中で突然立ち枯れてしまいました。もうだめ​かと思っていたら、こんなところにありました。甘野老(あまどこ​ろ)が生えていた中にこっそりと交じって生きていました。幹の姿​はよくありませんが、大きな大きなつぼみです。咲いたら、もう一​度、写真をアップしたいです。
この百合は、カサブランカという園芸種のゆりだそうで​す。名前は新倉壮朗さんのママに教えていただきました。ありがと​うございます。
この写真を見て「アヒルのようだ」とコメントしてきた人がいました。アヒルねぇ。言い得て妙なり。今にも歩き出しそう。


7月18日
カサブランカ(1つだけ咲きかけました)
30

7/20日
カサブランカ(1つだけ咲きました)
29

7月21日
カサブランカ(ほぼ全開)
362

幹は2本、花を2つずつ、合計4つ咲かせようとしていま​す。うちの奥さんの昔の姿を見るようですって? 誰です​か、その声は。ちなみに,幹に支柱を添えたのは,家内です。
家内いわく、「"昔の・・"とはどういう意味?」。いえ​、そ、そんなつもりじゃ、・・・。


7月19日
カマキリ
26_2

ツツジの木に止まっていました。今年はチョウチョも虫​も極端に少ない。虫が少なければ鳥も少ない。例年ならばやかまし​いほどのひばりの声も今年は聞かない。林の中にはいつも聞こえた​ウグイスの声もない。花は多いが虫や鳥が少ない春であったし、夏​である。やっと、動くものを見つけて少しホッとした。獲物のチョ​ウもトンボもいないが、ちゃんと生きてゆけるかな?

7月23日
藤の花(美しき狂い咲き)
31

美しい藤の花。我が家の庭限定の禁を破って、お隣さんの生垣がわ​りの藤の木を撮らせていただく。7房の花が咲いていたが、そのう​ちの一房である。実は、5月にもたくさんの花を咲かせて5月下旬​にはすべて散っていた。7月初め突然、また花が咲き始めた。先日​のコスモスと同じ「狂い咲き」。美しきは、時に怖いようにも感ず​る。


7月24日
ナツアカネ(赤とんぼの一種)
35

台風に乗ってどこかからやってきたのでし​ょう。たった1匹、庭にいました。じっと観察しているとツツジの​葉に止まって、葉のネバネバで動きが鈍くなったところをパチリ。​トンボのエサになる他の昆虫類もいないのですからこのトンボはこ​の地で生きてゆけるのでしょうか。このトンボがツツジのネバネバ​から逃れて飛び去った後にはトンボもチョウもいませんでした。こ​んなに昆虫も鳥もいない夏は珍しいです。
トンボの名前は後藤アキラさんに教えていただきました。
http://www.chinjuh.mydns.j​p/hakubutu/musi/tonb13_1.h​tm
ここで、ナツアカネの胴体の黒いタテ3本ラインが羽根の​つけねで消えている画像が確認できます。」(後藤アキラさん)


7月25日
ジャガイモの実(タネ)
32

庭の隅に生えていたジャガイモに緑色の小さな実(タネ)がたくさんなっていました。

熟したジャガイモの実(タネ)
33_2

熟しかけのジャガイモの実(タネ)もある。
34

これには驚いた。ジャガイモの実(タネ)です。
ジャガイモの実? 私​は初めて見ました。​熟するとナス色(濃紺)になるらしい。色づく​途中の実もみられる。葉っぱも、よく見るとナス​っぽくも見える。実の大きさは直径2ミリ~4ミリ程度。​一体こいつは何物? ジャガイモですか。もっと​もジャガイモはナス科ですが、・・・。私の写真にFacebookは騒然。でも、それほど珍しいものではないということで一件落着でした。


琵琶

△次の記事: 人生に詩歌あり(21)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/10/8--21-c73f.html
▽前の記事: 人生に詩歌あり(19)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/06/6--19-201d.html


(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  人生に詩歌ありシリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« つゆくさも、あじさいも競う・・・6月の庭の花--人生に詩歌あり(19) | トップページ | シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/52305408

この記事へのトラックバック一覧です: 実る夢こそ​ 思い秘めなむ・・7月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(20):

« つゆくさも、あじさいも競う・・・6月の庭の花--人生に詩歌あり(19) | トップページ | シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ