カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) | トップページ | それぞれの国家が国際資本に敗れる前兆--情報社会学、予見と戦略(38) »

痩身の 美女と見まごう・・・8月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(21)

2011/10/16
痩身の 美女と見まごう・・8月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(21)

アップが遅れました。今頃になってごめんなさい。

8月19日
 痩身の 美女と見まごう 韮の花

8月18日
 固き実の 肩寄せ集う 車輪梅 親葉まといて ひな鳥のごと

8月5日
8月に入って、新しい花はめっきりと減った。この花は、以前庭にたくさん生えていたもの。ミズヒキ(水引)でしょうか。今年は、葉が虫食いだらけのこの1本だけ生えていました。

20110805

Yさん
茎からいきなり花が咲いてます?

左下にあるまるい葉がこの草の葉です。永く伸びているのが花茎です。花茎も枝分かれします。
Yさん
へえー、色んな花があるんですね。

蓼(タデ)科のようです。アカマンマも永い茎に花が直に咲いて、その様子はよく似ていますが、アカマンマも蓼科ですね。
御祝袋のみずひきと関係があるのかないのか、分かりませんが、御祝袋の赤と白のみずひきとこの花の長い花茎が似てないこともないですね。
Yさん
連想しましたねぇ、似てます。

8月6日
弱ったユリの花です。これも、以前紹介した種類(カサブランカ)でしょうか。咲いていた位置は、以前紹介したカサブランカから5メートルほど離れた日あたりの比較的良い場所です。20年以上大きな花を咲かせたゆりがあったところです。おそらく、大きな「ゆり根」が育っていたでしょう。しかし、昨年の夏の猛暑の中で、突然、そのゆりは枯れてしまいました。日差しが強すぎたのか、熱のためにゆりに有害な微生物が大量発生したのかと思われました。落胆していたところ、以前の写真のように今年は少し離れた日陰でユリが咲きました。しかし、見てください。元の位置にも、細々とユリが生え、枯れかかりながらもそれなりの花を咲かせました。元の大きなユリの周囲に生まれた子供のゆり根から生えたのだろうと思います。明らかに病んでいます。2つの花のうちの右手の花には、アリが真っ黒になるほどたかっていました。来年は病も克服して生えてきてほしいと願います。殺虫剤でアリを追い払ってから撮影しました。

20110806


広島の祈念式典のテレビを見ながらこの記事を書きました。市長の話と首相の話を聞きました。送発分離、自然エネルギー振興などの発言が聞けるかなと期待していましたが、そこまでの発言はありませんでしたが、二人とも脱原発依存という点では一致しているようでした。
写真のユリが、今の日本のようで、いとおしく思いました。
Nさん
このユリが、今度は元気な花を咲かせてくれるよう祈っています。
Yさん
私のような花ですね。

病に倒れそうで、かろうじて花を咲かせていますね。

8月7日
夏の定番、オオバコ。接写ではピンがなかなか合わないのは相変わらずです。焦点領域のうち面積の広い部分に合わせてしまうようです。この場合は地面に焦点が行ってしまいました。葉っぱは虫食いだらけ。どんな虫が食べたのでしょうか。

20110807


大葉子と書いてオオバコと読むんだそうです。路傍雑草なので、車の通るようなところにも生えるという意味で、中国では車前と言うのだそうです。種子を乾燥したものは車前子、葉の乾燥体は車前葉、全草乾燥体はそのまま車前草とという名前で、漢方のお薬になっていますね。そういえば、子供のころ近所の農家のおばさんにオオバコのお茶をときどきいただいた事を思い出しました。「体にいいんだよ」と、、、。利尿、止瀉、消炎などの効用があるそうです。
Yさん
悪かったですね、どうせ弱虫ですよ!ふんふん( ̄^ ̄)ゞ

弱虫が葉っぱを食べた? 大発見かもしれない。
Nさん
オオバコにそのような薬膳効果があるのは驚きでした。
Yさん
そうですね、こんな感じの葉っぱはみんな何らかの薬効があるみたいです。
Gさん
私の田舎(新潟県阿賀野)ではズコモクと言っていたように思います。子供は長い茎をくの字に折りクロスさせ、引っ張り合いどちらか切れた方が負け。そんなたわいのない遊びが懐かしいです。
Yさん
その遊びやりました。草の名前は忘れましたが。なんか女の子に無理やりやらされた様な気が(^^;;

「××相撲」と呼んでいたと記憶しています。新鮮な茎をそのまま使用すると切れやすいので、あらかじめ、茎の中央部を揉んで繊維ばかりにしておくと比較的強いので、男の子も女の子もクチュクチュと茎を揉む技能を競っていたような気がします。
Gさん
確かにやってました。この遊びは全国区なのですね。


8月8日
名前がわかりません。ふだんは見向きもしないというより、目の敵にしている野草の一種です。この後掲載するコブナグサと似ていますが、穂先の分かれ方がたことなるような気がします。ご存じの方は教えてください。

20110808

地面を覆っているのはかたばみです。

8月8日
子鮒草(コブナクセサ)。イネ科一年草です。草刈の時には、こいつをやっつけようと敵のような存在ですが、なかなか味のある姿をしています。

20110808_2
.


ここにもかたばみが、生きています。
Gさん
コブナクサ「えっへん、見よ俺の佇まいを」

ほんと、そっくり返って、偉そうにしているみたいだ。

8月9日
8月の庭の花。ホナガイヌビエ。雑草の一種だが、タネが食べられそうな穀物のような感触。それが名前の由来と関係があるのかどうかはわからないですが。

20110809


昨日の写真と本日の写真は、日影の手前の草を狙ってシャッターを切りました。暗転した舞台の上で、スポットライトを浴びるエンターテナーのように、写るといいなと願いました。露光調整が出来ないので、光の部分がホワイトバーンしてしまうのが難点ですね。

8月10日
8月の庭の花と実。昨日の庭のことです。五色玉が見事に色づいていました。まだ青い実もありますから、黄色と赤に混じって肉眼では華やかに見えます。写真では青い実が見えにくいかもしれません。ほうずきとは違って唇に触れただけで飛び上がるほどの刺激があり、あとあとまでしびれるような感触が残ります。

20110810


左上の隅に、青い実が写っています。肉眼では緑が鮮やかで、赤や黄色の実を引き立てています。私だけかもしれませんが、きっと、肉眼では赤外線や紫外線も感じているのでしょう。写真になると途端に見えにくくなりますね。
Kさん
唐辛子の一種なんでしょうか?

はい、そうらしいです。昔から我が家の庭に自生していますが、正体は不明です。亡くなった母が「五色玉」と言っていました。
Tさん
写真(データ)では色(光)は出ていると思いますが、プリントやRGBにした時に再現されてないかも、

なるほど、さすがご専門ですね。

8月11日
これは掟破りで自宅外の写真です。教習所の駐車場わきの草むらの中に咲いていました。数日前にパチリ。今は、草むらのあちこちに咲いていました。待宵草です。太宰治の「富士には月見草がよく似合う」以来、月見草と間違えられることが多くなったようです。理屈はともかく、この時期、湯上りの浴衣美人を思わせる姿で、見る人の心をひきつけます。

20110811

Yさん
待宵草がどうして宵街草になったのか、夢二が勝手にしたのか、酔っぱらっていて間違えたのか、真相はいかに?

夢二の上品に洒落のような気がします。夢二の絵の待宵草と後ろ向きの女性、オシャレな街の夕暮れを待つ風情を醸し出す「宵街草」のフレーズがよくあっています。
Yさん
湯上りの浴衣の美人、後ろ向きの女性、目に毒な光景ばかりです。

Yさん、今、メ、目が、ハートマーク ♡ になっていますよ。
Yさん
いんや、わたしはそんなにフィジカルではありません。プラトニック派ですから、ご心配にはおよびません。むふふふ。

ありえな~い。
Yさん
ははは、なんで分かりましたぁ?
Nさん
今、初めてウォールを拝見して“宵街草”ネタをコメントしようとしたら...既にこんなに盛り上がっていて(^^;)

われら、宵街草、かな。いや、宵街草にたかる花アブかな。皆さん、似てますね。
Nさん
僕は少なくともアブの方に属するかな?待てど、暮らせど...とはいきませんので(^^;)

8月12日
セミがようやくにぎやかになってきた。気象庁が言うように、羽化が遅かっただけなのでしょうか。庭の木にあったセミの抜け殻です。そこここに見られます。

20110812


アブラゼミですかね。
Yさん
僕とおなじで引っ込み思案、控え目なんでしょう。みぃーーーーン、ミンミン。

それにしては賑やかです。みぃーーーーン、ミンミン。
Fさん
昨夜、マンションのドアを開けようとしたら、セミが通路に転がっていた。世田谷だと、ちょっと元気が不足している?

はい、対前年比では、勢いがないです。元気なのはYさんゼミだけです。
Yさん
みぃーーーーん、みんみんみん、みぃーーーーーん。

測ったわけではありませんが、平年に比べて、セミもチョウも5分の一くらい、トンボは10分の一以下。蚊も10分の一以下、蟻は5分の一という感じです。スズメ100分の一、空を覆い尽くすくらい群れをなしていたムクドリは1羽もみません。カケスもヒバリも観測されず、カラスは100分の一くらいです。青虫などの昆虫の幼虫が滅多にいません(100分の一くらい)から、小鳥は生きてゆけないですね。松戸は「希望移住地域」(希望すれば外部に移住できる地域)です。
Yさん
ムクドリは北小金前の木にたくさんいますよ。鳥公害です。

千駄堀から逃げたな。こらっ。
Yさん
戻してください。うるさくてかないませんから。

8月13日
ジャガイモの実です。どんどん白い花が咲き、青い実がなり、つきつぎに深い紫のいろに染め上がってゆきます。私は初めて見るものなので、毎日驚嘆しています。

20110813
.

これは、ジャガイモの木を下から撮ったものです。
NMさん
栽培して気付いた事ですが、ジャガイモの種類によって、花が咲いたり、咲かなかったり、色も違います。 家庭菜園も奥が深いですね!!

FBの仲間がこの実は塩ゆでにして食べたいと言っています。実は食べられるのでしょうか。
NMさん
田舎でもジャガイモの実は食べたことが有りませんが! 以前、ネットで調べた事が有りますが、①熟すると美味しくはないが食べられる ②食べられるが美味しくない ③毒が有り食べられない という書き込みが有りました。 何が本当でしょうか? ただ、ジャガイモはトマトの仲間なので、切ってみるとほぼ熟れていないトマトですよね? 田舎では、収穫時小さなジャガイモを、甘辛く煮たり/塩茹でにしたりして食べていた事を覚えています。
Tさん
じゃがいもの原産地は南米ですので、味は解りませんね、ちなみに私の田舎は長崎県でじゃがいもの生産は日本で第2位とおもます。雲仙市ののじゃがいも美味しいですよ

Tさん、長崎のジャガイモはおいしいですね。いつもお世話になっています。NMさん、確かに、見かけは、熟れていないトマト、ちびたナス、のように見えますね。私もネットで見て、毒があると書かれているのを見て躊躇しています。毒さえなければ、おいしく加工して見せようかと、職人魂が刺激されていましたが、やはりダメでしょうかね。
Tさん
じゃがいもの芽には毒があります。それとおなじかも!

WIKIPEADEAから、「ジャガイモはポテトグリコアルカロイド(PGA)として総称されるソラニンやチャコニン(カコニン)、ソラマリン、コマソニン、レプチン、デミツシンなどの有毒なアルカロイド配糖体を含む。・・・果実は、芽ほどではないにせよ、塊茎と比べPGAの含有量が高いため食用に向くとは言い難い。」ということで、果実は食用に適さないという結論になりました。PGAの含有量の少ない品種を開発しない限り、無理ということですね。-->Yさん、ということで諦めてください。

チューニョにすれば、食べられるかも? そこまで頑張る必要はないか(^^:/
Tさん
何も毒素がない土地から毒素を作り出す、じゃがいも原発などのを中和できませんかね、毒は毒をもってーーーてな様に、ひまわりの効果は?

ジャガイモの毒は化学の毒、放射能は物理の毒ですね。両者は擦れ違いです。残念ですが、、、。ひまわりは、土中の放射性物質を吸い上げてタネに蓄えます。土壌改良に役立ちます。種は食べたり、油を絞ったりはできません。放射性廃棄物になります。逆になたね菜は、土中から放射性物質を吸い上げませんから、汚染地域で栽培しても販売できるナタネ油を絞ることができるのです。

8月13日
ジャガイモの木を上から見たところ。白い花がたくさん咲いています。

20110813_2
.

まだまだ、実が付きますね。
Yさん
美味しそう。塩ゆでにして食べましょう!

外見は、ちびたナスのような感じです。


8月14日
柚子の青い実です。まだ青いですが、一部は大きくなりました。千成り柚子なので、大きさの上限がこの程度、まだ小さいのがたくさんあります。青い柚子も料理に使います。冷ややっこに薄切りを入れたり、千切りにして、カジキマグロ塩ゆであんかけの上に飾ったりします。独特の渋みがありますが、熟した時とは少し違う風味です。暑いときには食をそそれますね。

20110814


酒蒸しに入れたり、ホイル焼きに使ったり、・・・。八百屋さんにはありませんから、自宅で育てる人だけの特権ですね。
あっ、実は私はアマチュアですが料理人です。http://bit.ly/f1aoVB心まかせ、風まかせ
heartland.geocities.jp
親父はつらいよ、日本の親父たち、一緒にがんばろう--オヤジと家族のお料理ライフ(12).
Tさん
いいね!欲しい。ゆずとそうめんも合いますよ。さしみにもいいし。
Yさん
私も欲しい、柚子って下さ〜い( ^_^)/~~~

あ、今日の夜はそうめんと刺身にしようかな。あげないっ。でも、事前にご連絡の上、教習所に来られる場合は、自宅から持ってゆきます。今晩はそうめんと刺身に決まりですね。Tさん、大ヒントありがとう。
Tさん
ビールも合うよ!

合いそう、、よだれが、、、。でも、不肖私めは、医師から「ビール禁止令」が出ているので飲めません。残念。
Tさん
なんでーーまー。朝からFaceBookより散歩した方がいいかも!

はい、わかってます。
Yさん
あ、なに?今夜は、琵琶さんちでそうめん刺身ビール柚子パーティー?飲み放題食べ放題?やったぁ、さすが。

愛犬様の隣しか席は空いていませんね。愛犬様の夜の常食はドックフードに牛のアキレス腱(乾燥体)。顎を鍛えています。家族以外はすべて敵と思って、鋭い歯で声もなく襲います。命が保証できませんが、よろしかったらどうぞ。愛犬様の隣の方にはドックフードと牛のアキレス腱を差し上げます。
Gさん
いいですね。柚子だけでなくカボス、シークヮーサーどれも大好物です。香りの強い野菜はほとんど好きかもしれません。ルッコラもミョウガもですね。ところでこの青柚子で柚子胡椒はつくれるのでしょうか?

当家では作ったことがありませんが、作れるでしょう。ミルまたはミル・ミキサーがあれば楽だと思います。青柚子の皮をむいて風通しの良い日陰でよく干して(扇風機をあてると早い)、ミルします。お好みの比率で、胡椒の粉末、塩などと混ぜれば出来上がりですね。ミルがなかったら、皮をすりおろしてから乾燥するのがよいでしょう。商売をするなら凍結乾燥して、粉末にすべきと思います。

家庭で乾燥する場合、事前に冷凍庫で凍らせて解凍してから乾燥すると早いはずです。氷のふけた穴が乾燥をはやめるはずです。
Yさん
柚子胡椒大好きです。くださいね。

ご家庭では皮の方を使用します。実のほうを乾燥するのは至難の業だからです。
静岡の山奥のM画伯工房にレシピを伝えて製造委託しようかな。
Tさん、夕刻、愛犬様と散歩に行ってきました! 汗だく。気持ちいいです。現在夏休み中につき、時間にはゆとりがあります。明日の朝も行こうかな。
Gさん
柚子胡椒やっぱりできますか。食べたいけど、M画伯工房は、美術は得意ですが、食品加工はちょっとどうでしょうか?琵琶さんが指導することになりますが、自分でつくった方が早いということになりませんか?

昨夜は、冷やしそうめんに青柚子の薄切りとごまを散らして食卓に。刺身は店頭によいものが見当たらなくて(河岸がやっていないのか?)断念。蒸し鶏を作りました。蒸し鶏は、青柚子、生姜の千切りと粉山椒をまぶして塩味で蒸しあげました。別にキャベツの千切りに生姜とにんにくと塩少々で、油をしかずにアツアツのフライパンであっさりいためたものを大皿にしいて、蒸し鶏を盛りつけました。蒸し鶏から出たたれはキャベツに落ちて、あっさり蒸し鶏。キャベツは鳥のうまみがたっぷりしみてウマウマうっ。家族に大好評でした。
Tさん
よかったですね。あっさり系と肉系はバランスがとれていて、しかし油は魚系がメタボーにならないかも、私は煮こごりが大好きです。

8月15日
これは隠居所のさらに隣の貸家の百日紅です。見事に咲きましした。
今、空き家です。姪夫婦が住んでいましたが、先々月出産して1月ほど前に、もっと大きな家に住みたいと出てゆきました。
今は室内の改装も済んで、新しい入居者を待つばかりになっています。松戸の緑多いこの地に住んでみたい人がお近くにいましたら、声をかけてください。
「今なら、百日紅も付いています」、じゃなかった、「毎年、百日紅も美しく咲く貸家があります」と。実は、貸家は、父と母の老後の介護をした私の息子(亡父・亡母の孫)が引き継いでいます。

20110815

Kさん
「サルスベリ」をこう書く事、初めて知りました。

幹がすべすべしていて、猿も滑って登れないように見えるからサルスベリ。初夏から秋まで100日咲き続けるから百日紅。2つの事柄が一緒になっているようです。
Yさん
猿も木から落ちる、サルすべりは最初から登れない。

でも、見かけ倒しで、サルなら楽に登れる木ですよ。
Yさん
ありゃま。なんでも大げさに表現する日本人らしい舐めのつけ方ですね。千人風呂とか^^;

8月16日
弱ったユリのその後です。もうダメかな。妻が憐れんで毎日水をやっています。なんとか、持ちこたえてほしいです。

20110816

8月17日
かやつり草。夏草の代表格の一つですが、今年は元気のいいのがあまりありません。実は、間もなく(数日以内)、以前から頼んでいたシルバーセンターの草刈の皆さんがやってきて、庭の草が刈られてしまいます。草の写真も、後いくつ撮れるかわかりません。実のなるジャガイモも残るかどうか、分かりません。そんなわけで慌てて蚊帳釣り草を撮った次第です。

20110817


ぐすん、写真写りがよくないです。


8月18日
車輪梅の実です。まだ青いですが、やがて熟して鳥の口に入り、種は糞とともに遠くに運ばれるのでしょう。我が家の車輪梅もいつの間にか生えていました。

20110818


良く見ると可愛いですね。
 固き実の 肩寄せ集う 車輪梅 親葉まといて ひな鳥のごと

8月19日
痩身の 美女と見まごう 韮の花
韮(にら)の花です。

20110819

今はつぼみです。この白いつぼみが3-4週間続いて、やがて花になります。花は長くは咲いていません。ふだんはこの白いつぼみを楽しみます。
韮(にら)は、昔、家庭菜園で栽培したことがありましたが、その後野生化して、庭の思わぬところに出現して花をつけます。
Yさん
ニラ玉たべたいです。

美女は眺めるもの、食べるものではありませんぞ。ニラ玉用のニラは、八百屋かスーパーで買ってください。でなければ、黄色特製を頼むか、、、。
Yさん
いずれも食するものです。なんて( ^_^)/~、誰かが言ってました?私ではありません。
Gさん
野菜の花はピュアで美しいですね。ところで黄色いニラって種類が違うんですか?それともアスパラみたいに陽を当てないのかな?

「黄ニラは、普通のニラを光を遮断して栽培することによって、葉緑素の発生を抑えて黄色にし、軟らかいまま食べる野菜で、中華料理などの高級食材として利用されています。」とのことです。http://bit.ly/nqzy9GJA遠州中央|農産物百科|6月 黄ニラ
www.ja-shizuoka.or.jp
JA遠州中央のホームページへようこそ!私たちは美しいふるさとを、未来の子供たちに伝えていきます。..
何年か前のこと、M画伯がニラの花を描きたいと我が家に何度かやってきました。ニラの花の前に脚立を立てて、折りたたみの椅子を広げて座り込むと花を眺めながらビールをごくごくとやり始めます。気力が満ちてきたころには酔っぱらって、我が家の畳の部屋に転がり込んでいびきをかくこと数日、ついに絵は完成しませんでした。おかげで魚をさばいたり、煮物をこしらえたり、私は料理三昧が出来ましたが。
Gさん
M画伯とは、数々の地方ビエンナーレを荒らし回った、かの大家のことでしょうか?ニラをにらむと睡魔に襲われるとは、そのような奇病にも取り憑かれておったとは。ますます面妖な。
Yさん
いいなぁ、渡井もがはくになりたーい^^;

M画伯は、地方ビエンナーレでは人物をテーマにしたモノが中心でしたが、その前は植物の花に夢中でした。振りかえれば、関心が植物から人物に変わる境目だったように思います。あの時のM画伯は、以前の惰性でニラを描きたいと思ったのに、心はもはや植物には関心が向かなかったような気がします。いや、ニラの花に「M画伯さん、ピュアな私を描くより、ドロドロした人物を描きなさい。その方があなたらしいですよ」と諭されたのかもしれません。今は、何に心が向かっているのでしょうか。今年の作品はまだ見ていません。

8月20日
無花果(いちじく)の実です。順調に育っているようです。一般に実と言われているこれは無数の花が格納された花嚢です。熟すると先端から紫色がって来て、蜜が満ちてきて少しずつ口が開いてきます。実家には「日本無花果」(江戸期以前に伝来し国内で改良された品種)り巨木1本と「西洋無花果」(明治以降に伝来した品種)が数本ありました。「日本無花果」(江戸期以前に伝来し国内で改良された品種)は、2階の屋根に達する巨木で子供のころから近隣のお宅から毎日実を取りに来ていただいても大量に捨てるほど実が成るものでした(毎日大きなポリバケツで山もり3杯分くらい収穫)。実も大きくて蜜のたっぷり入ったものでしたからたくさんの昆虫と鳥たちのごちそう場にもなっていました。「西洋無花果」(明治以降に伝来した品種)は、これに比べれば小ぶりです。人の背丈をやや越える程度です。実も小さくて蜜も控えめです。「日本無花果」の巨木は中学に進学する私のための勉強部屋を増築する際に、切り倒されてなくなってしまいました。数本残った「西洋無花果」の1本を我が家に移植したものを挿し木で数本に増やして生き残ったものがこれです。

20110820

YKさん
水前寺の実家には、子供の頃、イチジク・ビワ・富有柿・金柑・栗などがあり、それぞれ見事な実が沢山なっていました。他にも、茗荷やら、いろんなものが庭にあったのを思い出しました・・・。

確かに、昔の家では、どの家にも、このような実のなる木や茗荷や大葉などが自生していたような気がします。自給自足に近い環境だったと思います。
Yさん
ありがとうございます。
YKさん
鮮度が良いと云えば、父に、よく海釣りに連れて行かれました。試験が間近かでも、気分転換に行こう!と誘われていました・・・天草まで1時間強くらいだったと思います。
当時は、贅沢にも、積極的にお魚は食べていませんでしたが、進学で上京後、鮮度の違いから、干物しか食べれませんでした!

天草、釣りたてのお魚?! そ、そんな贅沢。東京の人が望んだら、万札が何枚あっても足りないです。・・・、昔、長崎の海の幸日帰りコースが、たしか飛行機付きで12-3万円だったと思います。誘われて即ご辞退しましたが。
NMさん
我家の無花果はツイ-トもしていますが、先々週くらいから熟れ始め既に20個近く収穫しています。 鳥にも美味しそうな5個をお裾分けしました。(食べられただけですが!) → 鳥は良く知っていますよね!! 昨日あたりから急激に大きく成って来ているのが、増えて来ましたので、今朝防鳥ネットを掛けて来ました。 採れたてを食べるのは、最高の贅沢ですよね!

同感です。取れたてを食べると、なんでもそうですが、自分が生きている実感がします。
Gさん
子供の頃は、他所様の庭に成っている無花果、ぐみの実、桑の実などは無断で木に登って食べ放題でした。祖母がよく無花果の実を甘く炊いて冷ましたものをつくってくれました。あの味が懐かしい。

そうそう、でも、よく怒られたな。保存食として母がよく無花果のジャムを作っていましたね。冷蔵庫が普及する前のころのことです。
砂糖も手に入らない時代だったので、そのままに詰めただけでしたが、甘味のない時代でしたから、結構贅沢品でした。

8月21日
杜若(かきつばた)の実。手入れの良い庭では実を残さないのが鉄則のようですから、滅多に見られないかもしれません。

20110821


けっこうきれいに撮れた。自画自賛。(^^;

8月21日

8月の庭の花と実。あやめの実。本日、すく前に杜若(かきつばた)の実を掲載しましたが、これも手入れの良い庭では実を残さないのが鉄則のようですから、滅多に見られないかもしれません。シルバーセンターの草刈名人たちがやってくるときっと刈られてしまうでしよう。

20110821_2


写真にしてみると、結構すてき。生け花の花材にも利用できそうです。
Tさん
そのままそだてましょう!一年たつたら草は枯れます。日本の四季が自然界をコントロールしています。樹木は適当に剪定しなければ太陽があたらなければ枯れます

おっしゃる通りです。しかし、庭師のおじいさん、おじさん、お兄さんが聞いたら怒りだしそうですね。
Yさん
おじさんたちにはビールでも振舞って、なにもしないでも良いからと、お引き取り願えば?どうです?

職人さんたちは仕事が好きで好きで仕方がない人たちなんですよ。
杜若(かきつばた)の実はこちらです。http://t.co/ZecbYZb
Yさん
困った人たちですねぇ。職人さんなら兎も角。シルバーセンターの人たちって素人でしょ?

草刈り名人たちはシルバーセンターの方々です。元サラリーマンのおじさん(おじいさん?)は「趣味で」とは言いながらプロ並みの庭木いじりもできるそうで、庭師さんたちのやり残した仕事を草刈りの合間に丁寧にやってくれてしまいます。おばさん軍団は農家の方で、所帯を嫁に譲ったしまったので、腕がなって仕方がないのです。プロ中のプロの誇り高いすご腕です。雑草は、しっかり、根っこから刈り上げてしまいます。お茶を囲んで持ち寄った弁当を食べたり、茶菓子を食べながらおしゃべりするのも楽しみのようです。
まァ、人によりますが、毎年、決まってお願いしていますので、よい方が定着して、電話を待っていてくれて、そろってやってきてくれます。
Yさん
そうなんですか。植物をとるか人をとるか、悩ましいところですね^^;

迷わず人ですね。植物はその次です。
Yさん
ああ、いつも直物は人間の犠牲になるんですね。可愛そう^^;
Gさん
このような実が成るのをはじめて知りました。故郷の瓢湖でもあやめ祭りがあるくらい咲いていたのに、まったく気づいていませんでした。ガキの頃は自然に対していかに無頓着だったか今になってから思い知らされます。

園丁がいるところでは、花が終わると花芯はすべて摘んでしまいます。養分が取られて、地下茎が弱ってしまいますから。故郷のお庭は手入れがよかったのです。こんな実の写真をさらすのは手入れが悪い証拠で、本当は恥なのです。
Gさん
なるほど。

8月22日
ニラ無残。やはり、刈られてしまいました。杜若(かきつばた)の実もあやめの実も当然刈り取られて跡形もありません。ニラは、上半分を刈り取っておれば、下から新芽が生えて食べられるというのは農家の知恵です。他の雑草とは違う扱いをされていることがよくわかります。雑草扱いでなかったことに安堵しつつも、花も見たかったなと心残りもあります。

20110822


刈り取られる前はこんなでした。http://on.fb.me/qr2y2E
シルバーセンターの草刈隊の方々が我が家の庭の草を刈ってくれました。あと少し残っているので、もう一度来るそうです。
Tさん
ニラは早く収穫していたら食べられたのに,まーー、次から次へ育ちますニラの生命力はすごいから。あやかってください。匂いに注意してね。

子供のころは、庭からニラを撮ってきて味噌汁の具にするのは当たり前でしたね。刈り取ればそのあとに新芽が吹いてくると言うのもそのころ知りました。おっしゃるようにすごい生命力です。しかし、花を目当てにするとまずくなってしまうんですよね。痛しかゆしです。
実がなり続けていたジャガイモの木も、根こそぎなくなっていました。

8月23日
柿の青い実です。我が家に柿の木は2本あります。今年、1本はほとんど実が付きませんでした。他の1本には良く実が付いています。理由はよくわかりません。まだ青い実ですが、ここまで大きくなりました。ほとんどがカラスのエサになってしまいますが、スキを狙って人間様も頂戴するつもりです。

20110823

Yさん
何柿でしょうか?

‎2本とも富有柿ですが、実がほとんど付かなかった木の方が一つの実が大きいのです。比較的たくさんなった方は実が小さめです。糖度は変わらないと思いますが。
YKさん
実家に、大きくとてもおいしく、コリコリした食感の実が、沢山なる木がありました。家族では食べきれなく、知人などにも配っていたほどです。秋になり、色づいたら、また、撮影してください。

カラスに食い荒らされて無残な実になるかもですが、、、また撮りたいと思います。
YKさん
ありゃま!でも、美味しいということでしょう、きっと。

8月24日
南天の花芽のその後です。円い実が左の中央あたりに1つあります。本来、このような実がたくさん付いていなければならないはずです。花はたくさん咲いたのに、実がならなかったのは、そのころ花あぶなど受粉を媒介する昆虫がほとんどいなかったからでしょう。柿の樹も花の時期が少しずれただけで実がたくさん付いた樹と付かなかった樹がができたようです。3月25日の福島第一の黒煙を上げた爆発の後の雨から昆虫がすくなったような気がします。我が家は希望避難地域と言われているホットスポットの中にあります。

20110824


南天の花房は庭中で10数個、ほとんどこの花房と同じ状況です。冬には赤い実が美しく実るはずだったのですが、もはや絶望的ですね。
Nさん
今年は昆虫も減少しているのですね。
正直、驚いています。
Gさん
ちょっとかわいそうですね。我が家にもネコの額より狭い植え込みがあり南天が植えてあります。田舎の母が縁起が良いからと庭の南天を株分けして送ってくれたものです。引越前のアパートの庭では(広かったのに)育ちが良くなかったのに今の家の環境がよほど適しているのかどんどん大きくなって、昨日剪定したばかりです。松戸の南天君負けるな、がんばって秋には赤い実をつけてくれ。

8月26日
コスモスです。狂い咲きではありません。秋ですからね。この間の涼しい気候が花を咲かせたようです。庭で散発的に咲いています。

20110826


花の中央では、今年は見かけることが少なくなった蟻がせっせと蜜を集めていました。
Yさん
山口百恵の歌を思い出します。題名なんだっけ?
題名はそのものだった、うは。f^_^;) しかし、あまりにもはかない花です。いとおしくて抱きしめたくなる花です。

嫁ぐ娘と母の唄でしたね。母親は得ですね。父親ってこんなに慕われたりしないような気がします。
Yさん
全くね、世をはかなみたくなります。

8月28日
刈り取られたニラは、見事に再生しました。花芽も出ているので、まだ花を見る可能性も出てきました。日本もかくのごとく再生してほしいです。

20110828

Yさん
臭くなりますよf^_^;)良いけど。

ニラはニンニクに比べれば軽いものです。以前、キメラ植物の「行者にら」を野菜としていただいて、料理したことがありますが、かなり強烈でしたね。「行者ニンニク」とニラを交配して作った新種です。山形県の地域おこしの目玉にしようという期待の新星でしたね。にんにくのにおいと味がするニラ(太目の葉)でした。腐りにくい(冷蔵庫で長持ちする)という特性もありました。普通のニラならば、庭に生えているだけならにおいも感じない程度です。切ったりすればにおいます。
Yさん
にんにくは黄色のオイル焼き、にらはニラ玉いため、レバニラいため、二らの柳川、いいですねぇ。
Gさん
行者ニンニクは一二度いただいたことがあるけど、かけ合わせた行者ニラの存在は、はじめて知りました。なるほど。

ニンニクは日本の家庭の消費量には限度がありますね。「にんにくで地域おこし」と言う企画にはたくさん出会いましたが、まだ成功例がありません。地域おこしは、その地でとれる物以外はダメだというのが私の持論なのですが、・・・。山形の平たん部(アルカディア)は昼夜の気温差が激しいので、スイカでもメロンでも、サクランボでもとにかく糖度が高くなります。こういうものを生かしたほうが成功率は高いですね。
「にんにくで地域おこし」の別の例、I県のこと、行者ニンニクの苗を譲り受けたところまでは良かったのですが、気温が高いので植物の感染症がニンニクをダメにします。消毒剤をドハドハ書けますから、土中生物(ミミズやオケラ)が死滅してしまいました。フミン酸がなくなって土が硬くなり、実が太れません。フミン酸を買うことが出来るので、お勧めしたのですが、採算が取れないようで、買っていないようです。ニンニクと言えども相手は生き物ですからね。機械工場のようにはゆきません。
Gさん
ほう、そんなにニンニクの栽培は難しいとは。ニンニク、行者ニンニク共に北で採れることは知っていましたが、日本の優れた品種改良技術をもってしても難しいのですね。その土地に土壌や気候などの自然環境に適した作物をいかに市場経済とすり合わせるか、難しいですね。
Yさん
行者ニンニクは天ぷらでいただいたことがあります。なかなか難しいんですね。

「耕作地の農的再開発」の支援をボランティアでやっていました。「耕作地の開発」というと農転(農地を宅地にすること)だと考え違いする暴力的な集団がドサッとよってきて、めちゃくちゃにしてくれます。竹中平蔵によるいわゆる「竹中改革」によって、実は農転が例外なく出来なくなっていますが分かっていない人か多いのです。農転を許すと土地の価格が下落して、「地本主義」経済の日本は経済破綻から抜け出せないからです。夜中に、ばげしく、バンや乗用車で挟み撃ちされたり、追いかけまわされたりしたのは、そのころです。「耕作地の農的再開発」とは、「農業の抜本的振興策」という意味で、植物工場などの大規模導入を目指していました。
中国種のニンニク(九州・中国・四国で栽培されているニンニクは同系列)は温かくとも栽培できます。しかし、実は小さくニンニク成分も少なめです。行者系ニンニクは寒冷地向きですが、実は大きくニンニク成分は濃厚です。実は大きくニンニク成分は濃厚だから高いんですが、栽培は難しいというところです。
Gさん
なるほど、そういうことなんですね。勉強になります。わたしの場合農業関係の広告制作を担当した際に少しだけ関連書をかじっただけですから上っ面の知識しかありません。ついでですみませんがもうひとつお聞きします。韓国や欧米のニンニクはどうなんでしょう。

すいません。そこまで、詳しくないです。ネットで調べたら、ものすごい数のにんにくの種類がありそうです。

ちょっと調べてみました。日本には、奈良時代に朝鮮半島経由で中国種のニンニクが伝来し、その子孫の中から青森県あたりで寒冷地ニンニク(行者ニンニク、雪割ニンニクなとが)品種改良され開発されたようです。従って朝鮮半島のニンニクはほとんどが中国系のようです。中国系にもいろいろあるようですが遺伝子的には近いらしいです。イタリアでも、別の種類のニンニクがいろいろとあるようですが、赤ニンニクが主流のようです。ニンニクはもともと中東から発したもののようですから、アラブ圏にはもっといろいろあるようですが、よくわかりませんでした。ニンニクは種子を作らないので、遺伝的には変化に乏しいのが特徴のようです。ただし、人に栽培された歴史が古いので、それなりに品種が生まれているということのようです。
Gさん
すみません。無理なお願いばかりで。それにしてもニンニクについての裏側かなり奥深いことに感動です。普段なにげなく料理に使っていますが、これほどの由来があるとは知りませんでした。青森のニンニクが、ブランド化できているのも品種改良の賜物ののですね。ありがとうございました。

琵琶

△次の記事: 人生に詩歌あり(22)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2017/08/--22-7607.html
▽前の記事: 人生に詩歌あり(20)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/07/7--20-dc78.html


(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  人生に詩歌ありシリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) | トップページ | それぞれの国家が国際資本に敗れる前兆--情報社会学、予見と戦略(38) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/53006053

この記事へのトラックバック一覧です: 痩身の 美女と見まごう・・・8月の庭の花と実と虫--人生に詩歌あり(21):

« シジミの佃煮と味噌焼ニンニク--オヤジと家族のお料理ライフ(24) | トップページ | それぞれの国家が国際資本に敗れる前兆--情報社会学、予見と戦略(38) »