最近の記事

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 事件は風化しない--妻が、車に撥ねられる(18) | トップページ | 人命救助で思うこと--妻が、車に撥ねられる(16) »

またも類似犯--妻が、車に撥ねられる(17)

2006/5/5
またも類似犯--妻が、車に撥ねられる(17)

今日(5/5)のヤフーのニュースに、乗用車に乗った男にかばんをひったくられた女子大生の記事が載った。この手口は、妻を乗用車で撥ねた男の振る舞いに良く似ている。
このことは、事件当時から指摘していた。妻が、車に撥ねられる(1)妻が、車に撥ねられる(10)など。
類似の事件は、大阪方面で多発していた。まさか関東にあるとは思っていなかった。事件後、調べてみると、それと疑わしい事件は、千葉県の鎌ヶ谷や市川などですでに数件起きていた。犯人にとって、発覚しても犯行を事故と言い抜けやすいおいしい犯行なのだ。ひったくろうとして失敗したのか、そもそもぶつけて奪おうとしたのかはわからない。鎌ヶ谷や市川などの類似事件は、ぶつけて奪う、という荒っぽいものだ。妻の場合もそうだったに違いないと私は思う。
その犯行意図は証明できなかったが、われわれの執念は犯人をついに有罪にした。われわれが超えてきたものは、被害者ががんばりとおさなければ誰も犯人を追及しないという現実である。大阪の被害女性もがんばってほしいと思う。その他、類似犯に身体を傷つけられたり、心が傷ついた多くの人たちも、がんばってほしい。類似犯がもう出てこなくなるまで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060505-00000042-kyodo-soci
------------------------------------------------------
女子大生70m引きずり逃走 道頓堀でひったくり
 5日午前6時ごろ、大阪市中央区道頓堀1丁目の路上で、乗用車の男2人組が、歩いていた奈良県広陵町の女子大生(18)に後ろから近づき、現金約3000円入りの手提げかばんを奪おうとした。
 女子大生はかばんにしがみついて抵抗し、約70メートル引きずられて転倒。両腕に軽傷を負った。
 2人組はかばんを奪い、そのまま逃走。南署が強盗致傷事件として行方を追っている。
 調べでは、乗用車は白っぽい色で、運転席の男は青いジャージーにサングラス、マスク、帽子を着けていたという。
 現場は大阪・ミナミの繁華街。同署によると、この道路は車の通行が禁止されており、事件当時は人通りも少なかった。
(共同通信) - 5月5日13時35分更新
------------------------------------------------------

△次の記事: 妻が、車に撥ねられる(18)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2007/01/18_e675.html
▽前の記事: 妻が、車に撥ねられる(16)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2005/12/16_4b00.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  妻が、車に撥ねられるシリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 事件は風化しない--妻が、車に撥ねられる(18) | トップページ | 人命救助で思うこと--妻が、車に撥ねられる(16) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/9910184

この記事へのトラックバック一覧です: またも類似犯--妻が、車に撥ねられる(17):

« 事件は風化しない--妻が、車に撥ねられる(18) | トップページ | 人命救助で思うこと--妻が、車に撥ねられる(16) »