カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 3月29日が近付いてくると--妻が、車に撥ねられる(23) | トップページ | 大阪の類似犯、手口がそっくり--妻が、車に撥ねられる(21) »

今度は「通報受けるも出動せず」、妻も怒る--妻が、車に撥ねられる(22)

2008/08/27
今度は「通報受けるも出動せず」、妻も怒る--妻が、車に撥ねられる(22)

2008年8月16日トンネル内で車ごと水没して死亡した女性についてのニュースが先週末の土曜日からマスコミに漏れるようになった。昨日と本日は、テレビのバライティ番組ににも頻繁に取り上げられたので、多くの人が知るところとなった。本人(高橋博子さん(45))は、身に迫る危険を警察に110番通報して訴え救出を依頼した。母にも、死が迫っていることを携帯電話を使って車中から電話した。「水が水が、・・・、お母さん、さようなら」と。母は消防にレスキューの出動をお願いした。目撃者も通報した。・・・、しかし、なんと、警察も消防もこの通報で出動しなかったのである。

---------------------------------------------------
水没:派遣社員水死…消防、通報受けるも出動せず 栃木
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080824k0000m040050000c.html
毎日新聞 2008年8月23日 19時52分(最終更新 8月23日 21時05分)
-------------------------
栃木県鹿沼市茂呂の東北自動車道高架下の市道で今月16日、集中豪雨のため冠水して軽乗用車が水没し、同市千渡(せんど)、派遣社員、高橋博子さん(45)が水死した事故で、市消防本部が目撃者などから通報を受けたにもかかわらず、救助に出動していなかったことが23日、明らかになった。市消防本部は「当時は(浸水などの)通報が殺到し、混乱して正しい判断ができなかった」とミスを認めている。
同本部によると、事故当時は通信指令課の職員3人が通報を受ける任務に就いていた。午後6時22分以降、水没事故の通報が複数あったものの、同時間帯に浸水など他の通報が殺到。対応に追われる中で、職員が県警鹿沼署に出動要請済みの別の水没事故と混同し、警防課に出動指令を出さなかったという。
同署が高橋さんの車を発見したのは、最初の通報から約1時間後の同7時20分ごろだった。【中村藍】
---------------------------------------------------

---------------------------------------------------
女性の車水没死、鹿沼市長が「救助に出動せず」を謝罪
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080826-OYT1T00354.htm
(2008年8月26日13時38分 読売新聞)
-------------------------
豪雨のため冠水した栃木県鹿沼市の市道で、軽乗用車に閉じ込められて水死した同市千渡、派遣社員高橋博子さん(45)の救助活動が行われなかった問題で、同市の佐藤信市長が26日、記者会見し、市消防本部が通報を受けながら救助出動しなかったことについて「水没に関する情報が錯そうし、結果として救助活動されなかったことは申し訳ない」と謝罪した。
増田総務相は26日の閣議後の記者会見で、「集中豪雨で混乱していたようだが、そういう時に力を発揮するのが消防であり、警察」と批判した。
同市消防本部は、当時、現場で水没したのは、自力で脱出した埼玉県の夫婦の1台のみと判断。車で通った目撃者が「車2台が沈んでいるが、1台は完全に水没している」と119番通報してきたにもかかわらず、出動しなかった。高橋さんの母親からも通報があったが、現場から約4キロ離れた川で捜索していた。
県警は高橋さん本人と目撃者から110番通報があったが、別の水没事故と混同するなどして、パトカーを現場に向かわせていなかった。
---------------------------------------------------

我が妻も、似たような経験をしているので、先週の土曜日、怒りをあらわにしてニュースに聞き入っていたが、その後自分のブログ(自由人ポポ)にその件を書いたらしい。本人が体験しているだけにキツイ表現もあるが、心に迫るものがある。妻の場合には、誰からも謝罪などはなかった。
身内のブログをさらすということにかなり抵抗があったが、被害者本人が感じている怒りの一端をご理解いただきたくこのページに紹介させていただきます。

「通報受けるも出動せず」は許せない

また、幼い3人の命奪った福岡市東区で幼児3人が犠牲になった飲酒運転追突事故から2年になったのを機に、次のような記事も書いている。

悲惨な交通事故は風化させるな

言いすぎのところは本人が生死をさまよう苦痛を経験させられたことに免じてご容赦ください。言い足りないところは、心で補ってお汲みとりくださいますよう、なにとぞよろしくお願いします。

△次の記事: 妻が、車に撥ねられる(23)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2010/03/329--23-f17e.html
▽前の記事: 妻が、車に撥ねられる(21)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2008/02/21_6556.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  妻が、車に撥ねられるシリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 3月29日が近付いてくると--妻が、車に撥ねられる(23) | トップページ | 大阪の類似犯、手口がそっくり--妻が、車に撥ねられる(21) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/42282066

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は「通報受けるも出動せず」、妻も怒る--妻が、車に撥ねられる(22):

« 3月29日が近付いてくると--妻が、車に撥ねられる(23) | トップページ | 大阪の類似犯、手口がそっくり--妻が、車に撥ねられる(21) »