カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 大学入試における「脱暗記」に想う--独創力の創り方(27) | トップページ | スーパーリッチの世界支配と国家の敗北--情報社会学、予見と戦略(40) »

国家を翻弄する情報帝国--情報社会学、予見と戦略(39)

2015/01/18
国家を翻弄する情報帝国--情報社会学、予見と戦略(39)

覇権過激派にとりつかれたグーグル
2015年1月17日 23:01
田中 宇(たなか さかい)
https://www.facebook.com/notes/799891643414452/
この方は、自称「陰謀論主義者」なので、どこまで信用してよいのか分かりませんが、世界は確かにグーグルを警戒し始めていることは間違いがない。
中国や中南米の諸国だけではなく欧州各国からも企業分割の要求などが出ている。5年前までのマイクロソフトがそうだったように、である。
いいね! · · シェア
岡里 かおりさんと川畑 満さんが「いいね!」と言っています。

飯箸 泰宏 この文章は、ジャーナリストとしてはあまりにへたくそなので、唖然としています。
文章能力はともかく「陰謀論主義者」 なので仕方がないでしょうが、「グーグルが覇権過激派に取り付かれた」と言っていますが、グーグルを見くびった見方ですね。グーグルは自らの戦略に沿って覇権過激派を雇っているのであって、覇権過激派の一人2人に屈したわけではないと言うことをまずは理解する必要があるでしょう。
文章屋さんとしてはまずは最低限の問題として、3文字略語には注釈が必要ですね。
CFR 米外交問題評議会
http://goo.gl/zhLcTt
CIA 米中央情報局
http://goo.gl/1xnHjV
NSA 米国家安全保障局
http://goo.gl/HtDw9P
外交問題評議会 - Wikipedia
外交問題評議会(がいこうもんだいひょうぎかい、Council on Foreign Relations)は、アメリカ合衆国のシンクタンクを含む超党派組織。略称はCFR。
JA.WIKIPEDIA.ORG
9分前 · 編集済み · いいね! · プレビューを削除

飯箸 泰宏 グーグルはその設立の理念を見れば明らかなように、「もし、世界政府と言うものができるのであれば、その政府が担うすべての情報サービスを我が社が行う」という、(巨大で魅力的な)野望をもっているのである。アメリカとかイスラエルとかの小さな枠内での繁栄を望んでいるわけではないことに注目したい。
グーグルにとっては、個別の国家はそもそも邪魔な存在と言うことになるわけで、アメリカを弱体化し、パンアメリカ主義を排して列強のワン・ノブ・ゼムに引きずり下ろすのは理にかなう行動と言うことになる。
確かに人類史の転換点にお・・・もっと見る
33分前 · 編集済み · いいね!

飯箸 泰宏 連投で恐縮です。
マイクロソフトは秘密裏に情報収集する仕事をしてアメリカの情報機関に売却していると言われていますが、グーグルはその仕事に飽き足らずに「(各国の)インサイド情報の操作」「(反政府運動への)扇動」「大衆情報の操作」にまでその範囲を拡大していると考えられています。


△次の記事: 情報社会学、予見と戦略(40)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2016/05/--40-102b.html
▽前の記事: 情報社会学、予見と戦略(38)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2013/09/--38-263b.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  情報社会学、予見と戦略シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 大学入試における「脱暗記」に想う--独創力の創り方(27) | トップページ | スーパーリッチの世界支配と国家の敗北--情報社会学、予見と戦略(40) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/60994791

この記事へのトラックバック一覧です: 国家を翻弄する情報帝国--情報社会学、予見と戦略(39):

« 大学入試における「脱暗記」に想う--独創力の創り方(27) | トップページ | スーパーリッチの世界支配と国家の敗北--情報社会学、予見と戦略(40) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ