カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 恋にやあらん 妻はいぶかる--人生に詩歌あり(28) | トップページ | 朝に向き 咲く--人生に詩歌あり(29) »

IT人材は余っているが足りない-ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)--感性的研究生活(83)

2017/11/18
IT人材は余っているが足りない-ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)--感性的研究生活(83)

昨日の2017年11月17日(金)、ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)の月例会が開かれた。
やみくもにIT人材が足りないと声高に叫ぶ人がいるが、IT人材の総人口はあまり始めている現実がある。「人はいる、人はいない」の状態なのである。IT人材は「もういらない人」が多くて、欲しい人材がいないということなのだ。
どんな人がいらなくなりつつあり、どんな人が求められるようになっているのか、区別して考えなければこれからの人事政策も人材育成も失敗する。
足りないのは「企画能力のある」「経営イノベーションを提案できる」「組織変革を起案できる」「新しい効果的なビジネスモデルを提案できる」クリエイティブプログラマである。
いらなくなりつつある人材は「コーディングだけできる」「言語教育だけしか受けていない」奴隷的労働者である。日本では、永くこの奴隷的IT労働者だけが求められていて、それに適したIT人材教育だけが行われてきた。
日本は、この変化が極めて遅く始まった。クリエイティブなことに著しい抵抗を示す日本の経営者のメンタリティ(イノベーションに対する敵意)がその背後にあるのである。イノベーションにはリスクがあるが、ライバルをつぶすのにはリスクがないという彼らなりの理由がそこにはある。ライバルつぶしに熱中して改革は行われず世界からどんどん日本の経営は遅れてゆくのである。その事実に気づく暇もないほどライバルたたきに夢中(チーターズ・ハイ)になっているという現実がある。
日米を比較すると日本の産業界が求めるIT人材は40年遅れており、IT教育も40年遅れている。バブル崩壊後の失われた30年の間に、その解離はますます大きくなった。日本の経済が国際的競争力を急速に失ったことと同根の原因をはらんであり、IT教育の遅れと経済の低迷の悪しき負の相互補完を生んできた。
IPAの統計をみると、2016年には日本のITにも微妙な変化が見られる。変化は、一方では膨大なIT不況とIT失業者が出るかたわら、他方ではIT人材の深刻な不足が生じ始めている兆候であるように見て取れる。人余りなのに人不足、とはおかしなことと思われるかもしれないが、「人はいる、人はいない」という現象はいつの時代でも曲がり角にある現場では当たり前の状況である。必要な人はいないが、必要でない人ばかりが余っているのである。
経済産業省はIT人材の深刻な不足だけを声高に叫んでいるが、実のところ、IT業界とIT教育の現場にいる者としては、大量の人余りも肌で感じている。「必要な人はいないが、人は余っている」のである。
今回の発表では、足りない人材は創造性の高い人材であり、物言わぬ奴隷労働のIT技術者は大量失業のがけっぷちにいることを示した。「創造性の高い人材は不足しているが、物言わぬ奴隷労働のIT技術者は余っている」のである。
IT教育は崖っぷちの不要な人材をいつまで作るつもりでしょうか。私は、創造性の高いIT人材の育成に大規模な転換が必要であることを主張した。
まだ、日本でもようやく始まったこの変化を受け入れているのはわずか4%程度であり、受け入れようとしない経営者もまだ大多数を占めている。日本の経営者は、世界と戦う前に身近かなライバルを蹴落とすことに汲々としており、知的人材やベンチャーをつぶすことに全神経を集中して腐心してきた。必要な知的な人材は身近に置かず、社外において外注として利用すればいつでも縁を切ることができるという悪しき利点を感じてIT人材の多くは外注先(IT企業)に追いやってきた。彼らがコンピュータに期待するのは「物言わぬ奴隷」である。コンピュータならば、自分の出世のライバルにはならないだろうという思惑があるのである。コンピュータとそれを支える人材は「物言わぬ奴隷」であってほしいというのがこの種の経営者たちの本音である。IT人材は「必要悪」としてしか考えてこなかったので、人件費も安価に抑えられてきた。
しかし、これからは、イノベーションのパートナーとしてのIT人材がの有用な経営資源として必要になるのである。国内のライバルをつぶしても世界の制バルをすべてつぶすことはできない。国内の地位を守っても世界の最下位へと転落を続けてゆくのでは、経営の命脈はないも同然である。世界に伍して、イノベーションを激しく繰り返して世界の第一線に並ばなければ日本の経済が立ち行かない。日本の経営者たちもいたずらにIT技術者を排斥しているわけにはゆかない。これに呼応して経営資源たりうるIT人材が求められているのであり、「物言わぬ奴隷」のIT人材もどきはいらなくなっているのである。
経営者を教育しなければ、日本のITは変わらない。ITが変われば日本の経済も救われる可能性がでてくる。そんなことを、私は、この発表で述べた。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19
 
△次の記事: 感性的研究生活(84)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2018/01/---84-a2b7.html
▽前の記事: 感性的研究生活(82)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2017/10/dr-robert-cole-.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  感性的研究生活シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 恋にやあらん 妻はいぶかる--人生に詩歌あり(28) | トップページ | 朝に向き 咲く--人生に詩歌あり(29) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/66057046

この記事へのトラックバック一覧です: IT人材は余っているが足りない-ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)--感性的研究生活(83):

« 恋にやあらん 妻はいぶかる--人生に詩歌あり(28) | トップページ | 朝に向き 咲く--人生に詩歌あり(29) »