カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 経済・政治・国際

« 春が来て 花に恋する 爺ひとり--人生に詩歌あり(37) | トップページ | セガン研究の川口幸宏先生(75歳)との出会い--交友の記録(67) »

たけのこづくしの晩ご飯--オヤジと家族のお料理ライフ(25)

2018/04/08
たけのこづくしの晩ご飯--オヤジと家族のお料理ライフ(25)

母が亡くなって、お料理については書く意欲が減退していました。前記事との間も6年半も空いています。
相変わらずのお料理ライフですが、昨夜の晩ご飯は、なんと たけのこ 料理ばかりになりました。

実は、私が朝8時半ころ自宅を出ようとしたところ、宅配業者と玄関先で鉢合わせ。静岡の両河内に移住したわが畏友のS.M.氏から冷蔵宅急便でたけのこが届いたのです。マメなS.M.氏は、採りたての たけのこ を あく抜き のために煮上げて冷して送ってきたのでした。大きな箱で届いたので中を開けると立派な大きな たけのこ が3つ入っていた。
大急ぎで冷蔵庫にしまうと慌ただしく外出して、2-3の用件を済ませて、夕刻帰宅すると料理に取り掛かった。
いつもなら、調理時間は40~60分なのに、この日ばかりは1時間半もかかった。家族が待っているので、急げ急げと心は急くばかり、でした。

その1。
これは、たけのこ御飯。
たけのこ、鶏肉、ニンジン、ゴボウ、大根で "味濃いめ" にして煮たものをあらためてご飯に炊きこんだ。
たっぷりのカツオ出汁、昆布出汁を煮詰めて、具材に加えて、これに味醂、醤油を多めに注いで、お酢と一味唐辛子を少々いれます。お酢は万一灰汁が残っていても中和するからです。また煮詰めて、汁が無くなりそうになるまで煮詰まってきたら、電気ガマに研いだお米と水を入れて、味のついた具材をそっくり入れて、混ぜてからスイッチオンで、炊きあがれば出来上がりです。

Img_1310
(クリックすると拡大します)


その2。
たけのこのお刺身。
家庭料理なので盛り付けが雑でたっぷり盛り上げてありますが、家族に大好評。これだけの量の3分の2は、3人で食べてしまいました。残りは、冷蔵庫にしまって翌日の朝飯にも出しました。
甘酢汁ベースの漬け汁(昆布だし、みりん、酢、塩、わさび少々)に短冊状に切ったたけのこを漬けて2時間ほど冷蔵庫に置き、食する直前に刺身包丁で食べやすい大きさに切って盛り付けました。
わさび醤油でいただきます。
新鮮なので、たけのこの香りが室内に広がります。
正直、作った本人もびっくりのおいしさでした。

Img_1305
(クリックすると拡大します)


その3。
たけのこのお刺身の部分拡大写真です。
ピカピカに光っているのが分かりますか。
おいしかったですよ。

Img_13052
(クリックすると拡大します)


その4。
たけのこの煮物。たけのこご飯のかやくと材料は同じですが、味を薄めに整えたものです。
バクバク食べられます。
食物繊維たっぷり!! 口の中からもっとくれと言われる感じでしたよ。

Img_1306
(クリックすると拡大します)


その5。
こちらは、たけのこと豚肉の中華風シチュー。トマト味である。
豚肉のブロックの買い置きがたまたまなかったので、薄切り肉を使用した。
本来は豚肉か牛肉のブロックが望ましいです。
人参の乱切りや、ピーマンを大降りに切ったものを入れたほうがもっとおいしいのだが、時間を節約するために省略しました。
ニンニクとショウガをたっぷり入れて、黒胡椒とトマトピューレでじっくり煮込んだもの。豆板醤とごま油も加えた。たけのこに味が染みてうまいです。
和風の味付けばかりでは、飽きてしまいますが、ちょっと変わった味付けもあるとまた食べられてしまいます。たけのこのちょっと変わったレシピは他にもいろいろありますが、今回はこれだけにしました。
こちらももちろん家族に好評でした。

Img_1309
(クリックすると拡大します)


△次の記事: オヤジと家族のお料理ライフ(26)
(準備中)
▽前の記事: オヤジと家族のお料理ライフ(24)
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2011/10/--24-7522.html

琵琶

(補1)「鐘の声 ブログ」はリンクフリーです。ただし、「鐘の声 ブログ」の記事の一部または全部を引用または翻案して、公的に発言または発表される場合は、事前にメール等でお知らせください。[→連絡先]
(補2)この記事が含まれるシリーズの記事の一覧は下記(別サイト)のとおりです。
  オヤジと家族のお料理ライフ シリーズの記事一覧 (GO!)
(補3)ブログ「鐘の声」には、10個ほどのシリーズとシリーズ以外の一般記事があります。シリーズの全体構成やシリーズ別の記事一覧は下記(別サイト)にあります。
  ☆「鐘の声」の全体構成(「鐘の声 ブログ」記事マップ)☆ (GO!)

« 春が来て 花に恋する 爺ひとり--人生に詩歌あり(37) | トップページ | セガン研究の川口幸宏先生(75歳)との出会い--交友の記録(67) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73834/66587364

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこづくしの晩ご飯--オヤジと家族のお料理ライフ(25):

« 春が来て 花に恋する 爺ひとり--人生に詩歌あり(37) | トップページ | セガン研究の川口幸宏先生(75歳)との出会い--交友の記録(67) »